メニュー 閉じる

UQ WiMAXで出来るな未来(4)

UQ WiMAXがあることで未来は確実に変わってゆく感覚がしますね。
本日も又、UQ WiMAXがもたらして受け取るエラい未来のお話です。
いっぱいの業で、もう会社に出勤する責任がなくなって来る。
業趣旨によっては、会社の社屋自体が必要なく繋がると言うこともあり取るかもしれません。
UQ WiMAXで、絶えず会社の人々と繋がっていることで、何処にいても会議が出来ますし、連絡物事も携帯電話やメイルのやりとりでイージーに出来てしまいます。
近頃でもそうなのですが、例えばエクセル等への入力作業が主な業といったかたは、会社に出社する必要もないわけですね。
当然、自宅で業を進めなくてはならないと言う決まりだって今や必要ございません。
UQ WiMAXは、今近頃は依然として活用スポットが限られているものの、以後先何処でも活用出来るようになったのなら、ワールドの何処にいても業が出来るにかんしてになりますね。
長期の休暇が取れなくて、以後何年も旅行に行けないと言うかたもたくさんでしょうが、これもイージーに克服出来てしまいます。
爽やか名勝で優雅に業をやりこなすことだって出来るになるのです。
そのような環境条件では、心理的負荷もまるでゼロと言うですから、その分、ミスも鎮まるのではないでしょうか。
企画をかんがえるような業のかたも、そのようなのんびりとしたエリアの方がずっと初々しいアイディアがひらめきやうです。
ますます日常グレードでかんがえたとしても、家のなかでの業に少し飽きてきたら、大お好みな物のカフェまで出掛けて、今度はそこであるくらい業をする・・・等と言うのも出来るになりますからね。
なんだか、ワールド中が何処でもオフィスです。
一日も短くこのような未来になってほしいものですね。

UQ WiMAXで出来るな未来(5)

UQ WiMAXで出来るとおもわれる未来は、いまだに何かとかんがえられます。
いえ、近頃でもUQ WiMAXを活用することで楽しめる事はいっぱいあるのですが、いまだにUQ WiMAXのサービスは始まってからたいして長い年月がたっていませんから、活用しているかたも今のところさほどいっぱいはないですし、スポットもまだ大都市近郊に限られているため、もう少し時間がたたないと実現はしんどいと言うものがたくさんです。
ですが、UQ WiMAXのおなじみはすさまじく高まっていますし、スポットの拡大も着々と進んでいますから、以後ごインフォメーションすることが一般的に活用されるようになるまで、そんなふうに時間はかからないこととおもいます。
とっくに、携帯電話等を利用して実現させているかたもいらっしゃいます。
それは、絶妙な時機で撮った画像やムービー、遠い旅先の画像やムービーを、リアルタイムで離れたところにいる身内や友人にあげる・・・と言う楽しみです。
ただ、携帯電話ですと画像が小さすぎると言うウィークポイントが有りますし、何点もの画像を添付するのは気がひけますよね。
ですがパーソナルコンピュータなら問題ないでしょうし、アイディアとしては、ご自身のブログに、旅先の画像や、上機嫌画像、物珍しいものの画像、スクープ画像等を載せて公開するのも良いですね。
離れて暮す身内や友人であっても、そのブログにアクセスすれば、いつでも近況を分かることが出来ますから。
UQ WiMAXを活用することで、ブログはリアルタイムでの更新が出来るとなります。
又、ブログは更新するのが面倒とおっしゃるかたにおススメなのは、デジタルフォトフレームです。
写真を送りたい先・・・例えばご実家や、恋人の部屋等にデジタルフォトフレームを置いてもらえば、ワールドの何処からでもリアルタイムで画像やムービーを贈ることが出来るです。
UQ WiMAXは、離れている事をもらい止める、結構優秀なモバイルデータ通信です。

UQ WiMAXで出来るな未来(6)

UQ WiMAXは街角のデジタルサイネージにも大きな影響を与えてゆくでしょうね。
デジタルサイネージ・・・ご存知でしょうか。
いまだに大して一般的な言葉にはなっていないやうですが、街角のあちらこちらや、ショップ内のあちらこちら等に設置されているモニターのことです。
役所や本館などの公共施設もいっぱい見掛けるようになりました。
各様なもののインフォメーションや宣伝を通じているのが主ですので、電子看板等と呼ばれることもあるやうですね。
このデジタルサイネージは、とくにインターネット回線に繋いでいなくても、各様なムービーや画像を流すこというのは出来ます。
ですが、インターネット回線に繋ぐ事によって、再び各様な活用するノウハウが出来るのですね。
例えば、朝と夕方の通勤時間には、ビジネスマンやOL向けの情報を流したり、お昼の間は、主婦向けの情報、午後長らくしたら学生向け・・・等と言うように時間帯で出す情報を隔てることが出来るです。
又、デジタルサイネージの設置エリアによって、高齢者向けの情報を流したり、若者向けの情報を流したり・・・と言うことも出来るですよね。
これらもUQ WiMAXを活用することによって、いかなるエリアであってもワイヤレスで設置することが出来、リアルタイムで情報が切り替わると言うわけです。
このように、設置エリアや時間帯によって流れ出る情報がチェンジしてくれるデジタルサイネージは、観ているほうも楽しむことが出来ますから長所が大きいですし、観てくれるかたがふえれば設置する側もやはり、長所がふえますから、どちらにすさまじく喜ばしいと言うことになります。

UQ WiMAXで出来るな未来(7)

UQ WiMAXを活用することで、画像やムービーもリアルタイムでワールドの何処にでもやってくると言うお話を前々回いたしましたね。
それを活用することで、未来には真新しいビジネスもうだうだ出現しやうですよ。
例えば、パーソナルコンピュータがなくても離れて暮らしていらっしゃるご両親の活動的な姿をリアルタイムで届けてくれるようなシステム等は如何でしょうかでしょうか。
これは、以前にも早急ふれました、お部屋のペットの様子をより手軽に離れたエリアからしっかりと見てみたいと言う要望へのサービスと同様ですね。
又、入院中であったり、業が結構抜け出せなくて、赤ん坊やお孫さんの運動会や発表会を見に行くことが出来ないケースでは・・・その様子をリアルタイムで届けて貰うサービスは如何でしょうかですかか。
ひいては、玄関先に塗り付けた防犯カメラのムービーを、リアルタイムでご自身のパーソナルコンピュータ等に送ってくれるサービス等と言うものも嬉しいですね。
UQ WiMAXの良いところは、どんなエリアからであっても、リアルタイムで情報をやり取り出来ると言うことだから、この最大の長所を活用することで、数いっぱいのアイディアがおもい浮かぶのではないでしょうか。
こうして、大勢のかたが喜んでくれるような良い感じのアイディアは、早速でもビジネス化されて、サクサク日常生活に生かされてゆくとおもいます。
現時点でも、とうにパーソナルコンピュータや携帯電話がなかったほんの数十年前の時代というのは広く異なってきているではございませんか。
将来の時代は、UQ WiMAXが作ってゆくようになるのかもしれません。