メニュー 閉じる

業務用ビデオカメラの性能

パッと見では分からない業務用ビデオカメラのスペックに対して解説しましょう。

ご身内用と比べると価値は数十万円高くなっていますから、それだけのちがいがあるはずです。

まず、業務用ビデオカメラはご身内用と言うのは目標が違うことを分かっておかなければなりません。

つまりは、ご身内用は1台のビデオカメラで撮ったムービーで全部が完了しますが、業務を対象としたケースは1台だけでなく数多くで撮ることも沢山ですし、音声を別の機材で録音することも有ります。

それらを組み合わせて一つのムービーにするケースもよく有ります。

それによってのシステムが業務用ビデオカメラとして必要です。

ネットワークの接続システムや機材を接続するための標準的なコネクター等も装備されています。

業務用ビデオカメラのカタログを見ると分かりますが、多彩なボタンが付いています。

個々にはシステムが割り振られており、ワンタッチで色合いを変えたり、ズームしたりすることが出来ます。

業務用は一瞬のチャンスを逃さずに済むような機動性が求められているからでしょう。

ご身内用ビデオカメラみたいにオートモード等有りません。

カメラを持った人の感性が試されていると言えます。

自分がどんなムービーを撮りたいのか、その為にどのボタンを押せばいいのかを常に意識しておかなければなりません。

ただ、それによってのシステムは複雑では有りません。

画質はご身内用と比べると極度に高いわけでは有りません。

ご身内を対象とした方がいいケースも有ります。

それだとしても業務用ビデオカメラが市販されている理由はご身内を対象としているものは限界があるからです。

業務用ビデオカメラと放送


テレビ等で放送されるムービーを撮る為には業務用ビデオカメラが必需品です。

当然、スマホやご身内用ビデオカメラで録画してもテレビに映すこと言うのは出来ますが、その画質や全体のバランス等は不十分です。

業務用ビデオカメラは機動性を高めるアレンジがされています。

必要な被写体を見つけたら、スムーズなズームが必要ですし、逆光等だとしても適切なプロセッシングが求められます。

それらを違和感なく放送する為には後プロセッシングではなく、ビデオカメラ本体内部で素急いでプロセッシングをしています。

そんなシステムは外観では分かりませんから、ご身内用ビデオカメラと業務を対象とした通販サイトを見てもちがいがよく分からないとおもうでしょう。

ちびっこの成長を願って、多彩な催しで録画をしているかも知れませんが、プロの放送カメラマンのムービーと言うのは大きく異なっているはずです。

腕前の差も有りますが、ビデオカメラのちがいが一番大きいと言えます。

放送のお勤めをしているのであれば当然ですし、嗜好として多くの人に見てもらうことを前提とした録画であるのなら、業務用ビデオカメラを活用することをおススメします。

ただ、通販サイトの価値を確かめることによって分かりますが、気軽に個人でオーダー出来るわけでは有りません。

まずは中古品を入手して、多彩なムービーを撮って頂戴。

ビデオカメラの特性を把捉して録画可能なようになるでしょう。

自分のちびっこだけでなく、学校全体の催しを録画すること言うのはいかがですかか。

個人の嗜好が多くの人に受け入れられます。