メニュー 閉じる

業務用と家庭用ビデオカメラ

ビデオカメラをオーダーしようとかんがえた時にご身内用と業務を対象としているものはどんなちがいがあるかを知っておくといいでしょう。

それは、ビデオカメラの扱い方にも関係してきます。

自分が撮りたいムービーを想像して、その為に必要なビデオカメラを探しましょう

まず、画質に対しては近年の手法であるのならご身内用と業務を対象としては明確な差は有りません。

ローコストで高画質な素材がいっぱいあるでしょうから、ご身内用だとしてもきれいなムービーを残すことが可能なようになっています

業務用もテレビ等に映すことを前提としていますから、テレビの画質と同じです。

高画質だとしても4Kの規格以上は有りません。

それと比べると録画時の状況です。

ご身内用なら自分のちびっこの出番だけ集中的に録画することによっていいのですが、業務用はワイドエリアを録画しつつ、時機を逃さないことが必要です。

ボタン一つで多彩なシステムを切り替えられるようになっているのが業務用ビデオカメラです。

カタログで業務用ビデオカメラの外観を見てみましょう。

いっぱいのボタンやコネクターが付いているとおもうでしょう。

使途に合わせてボタンハンドリングすることによって、現場に適した録画モードに切り替えられるようになっています。

ご身内用みたいにメニューから一つ通津選定している時間はないからです

単独のビデオカメラだけで録画作業が行なわれているわけではなく、他のカメラとの連動や放送機材への取り込みも並行して行なわなければなりません、。

ケーブル接続やネットワーク接続が前提となっています

業務用ビデオカメラの注意


業務用としてビデオカメラのオーダーを検討しているのであれば、いくつか忠告しておかなければなりません。

ご身内用と違って、業務用は1台だけのムービーではなく数多くのムービーを組み合わせることが基本です。

その為に機材を連動させるネットワーク接続やデータ転送の為のケーブル接続が基本システムとして求められます。

当然、数多くのビデオカメラから取り出したデータは1か所に集めてプロセッシングするための装置も必要となってきます。

インターネットで放送機材を検索してみれば直ぐに分かるでしょう。

個人でオーダーすること言うのはないとしても、設備予算を確かめておくことがキーポイントです。

既に活用しているビデオカメラと新しくオーダーした機材との接続が問題ないかを確かめなければなりません、。

ムービー機材の接続は製造専門業者を越えた規格が決められており、それを満足していれば問題となること言うのは有りません。

だけど、近頃登場た4Kなどの新しい規格への対応の有無が異なるケースもあるでしょう。

システム全体のバランスをちゃんと確かめることがキーポイントです。

ビデオカメラを担いで、現場を飛びまわるだけのお勤めであるのならいいのですが、最終的には放送を対象としたムービーとして完結させる為には、多彩な作業が発生します。

プロとして長年カメラを持ってきた人のケースではは、忠告しなければならないこと言うのはよく分かっているでしょう。

以来ビデオカメラの扱い方を学ぶ人は、先輩たちの知識をちゃんと吸収しましょう。

インターネットだとしてもいっぱいの情報があるでしょうから、それらを参照にして知識を獲得することもキーポイントです。